社会保険労務士とは


社会保険労務士(社労士)とは

最近は認知度も高まってきましたが、弁護士の方や税理士の方ほどは知られていないのが現状です。弁護士が司法・訴訟の専門家、税理士が税務・会計・経理の専門家であるように社会保険労務士は労働法・労務管理・労働保険社会保険の専門家であると言えます。
社会保険労務士は社会保険労務士法に基づき、毎年1回、厚生労働大臣が実施する社会保険労務士試験に合格し、かつ、2年以上の実務経験のある者で、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録された国家資格を持つ専門家です。
実際には次のような仕事をしております。

  1. 労働保険(労災保険・雇用保険)に関する諸届書類の作成・提出代行
  2. 社会保険(健康保険・厚生年金保険)に関する諸届書類の作成・提出代行
  3. 就業規則や労使協定等の立案・作成・見直し・改訂・運用指導
  4. 人事労務管理に関する相談・立案・指導
  5. 年金に関する相談・裁定請求手続
  6. 給与計算業務
  7. 講演会等の講師 など

社会保険労務士に業務を委託した場合のメリット

  1. 会社の本業に専念できます。
  2. 事務手続が的確に迅速になります。
  3. 法改正にもすばやく対応できます。
  4. 専門的なアドバイスを受けることができます。

ニセ社会保険労務士にご注意下さい。

労働社会保険に関する申請書等の作成及び届出の業務や労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類の作成業務などについて、業として行えるのは社会保険労務士法により国家資格を付与された社会保険労務士だけです。
アウトソーシング等を行う法人組織、経営コンサルティング会社等の無資格者が上記の業務を行えば社会保険労務士法違反となります。また、無資格者が、労働社会保険諸法令に基づく申請書等及び帳簿書類を作成する機能を備えた給与計算システム等を使用することも同様に社会保険労務士法違反です。

ニセ社会保険労務士に社会保険労務士の業務を依頼すると、様々なトラブルの原因となりますので、必ず社会保険労務士会に入会している社会保険労務士に依頼するようにしてください。

国家資格者である社会保険労務士は、身分を証明する社会保険労務士証票及び都道府県社会保険労務士会会員証を所持しています。

社会保険労務士バッヂ
社会保険労務士バッヂ

PAGETOP